山の手帳 > ちょっとバリエーション > ちょいバリ2013年
ちょいバリ2013年 
その1 その2 その3 その4 その5 その6 
城山南壁
南西カンテ
城山南壁
南西カンテ
二子山西岳
T峰中央稜
子持山
獅子岩
南東壁
西丹沢
大滝沢
マスキ嵐沢
 北岳
バットレス
第4尾根
 その7          
穂高滝谷
ドーム
中央稜 
         
 このページは「ちょっとバリエーション」に分類されるもののうち、無雪期の山行に関する記録を年次単位に整理するつもりで新設しました。
子持山獅子岩南東壁(上州・2013年4月中旬・日帰り)
 0.はじめに
 子持山獅子岩(大黒岩)南東壁にある初心者向けマルチピッチルート(150m/5〜7P/5.8)へ行きました。昨年11月以来2度目です。
本チャンを含め、このレベルのマルチには珍しく、岩稜ではなく、スケールの大きい岩壁登攀を楽しめるのが特徴。
急なスラブくらいの傾斜だし、ホールドも、そしてそれ以上にピンの数が、豊富なため、私たちのような初心者でも、比較的安全に岩壁登攀気分を味わえる貴重なルートだと思います。

 昨年11月の初トライ時は、二人とも一箇所ずつA0になったし、終了点まで3時間超でした。そこで、今回は@3時間以内を最優先事項に、Aそれぞれリードする各ピッチの完登を目標としました。
 1.アクセス及びアプローチ
 (1)アクセス
 東京方面からなら、関越道を渋川伊香保ICで下りて、まず、国道17号に入り子持入口交差点まで5.9km北上する。次に、同交差点を左折し、道なりに子持神社方面へ向かう。左手の子持神社を過たら、唐沢沿いの林道をさらに北西方に約2q進むと7号橋。
 橋の手前右岸側に駐車場(10台くらい)があり、トイレや登山口は橋を渡った対岸にある。
 なお、渋川伊香保ICより7号橋駐車場までGoogleマップでは、12.4km・40分、実測値は28分だった(渋川伊香保IC 7:20)。
 (2)アプローチ
 獅子岩へは、左岸の登山ポストのあるところから北上する7号橋登山道を歩いて40分位。まずは、前傾した大岩壁(屏風岩)の下から沢沿いの道を30分くらい登る。尾根に上がる手前に道標があり、7号橋登山道と6号橋登山道との連絡道(横断路)が右に分岐するが、そのまま子持山方面へ登る。すぐ先の「この先危険」の警告標識から(分岐から見える)、「危険」の方の明瞭な踏跡を進むと、すぐに右手の樹林の先に獅子岩が覗く。南東壁の取付は、獅子岩の急なリッジの手前の立木(赤テープあり)から右手の岩壁へ続く薄い踏跡を登る(警告板から取付まで5分)。
 なお、明瞭な踏跡はリッジの方へ続いており、これを進むと、より急な岩壁が現れるが(南西壁)、こちらと間違えないよう注意。
 @7号橋Pより橋を渡っての登山口へ A登山口より数分で
屏風岩(直下に祠)
 B屏風岩を過ぎ沢沿いの登山道を30分程登る
 
 C道標の所で6号橋への連絡道と合流(登山口より33分)、そのすぐ先の(囲み)「この先危険」の方の踏跡を辿る。  D「この先危険」より数分で獅子岩南稜(仮称、背後のリッジ)見え、手前のテープから踏跡を登る。
 
 2.獅子岩南東壁登攀
(1)1P目((1P+2P)/7P/40m・5.7)
 獅子岩南東壁  1P/7Pの終了点間際を登っている
  登山口で7℃だったのでフリースを着てきたが、晴天だし、この壁は陽当たりもよく防寒着は必要なさそう。水・行動食・カメラ・アプローチシューズ・ウィンドブレーカー以外の余分なものは妻のザックにまとめデポして登ることにする。

 獅子岩南東壁は、ロープスケール150m、全ての終了点でピッチを切ると7Pのルート。ただ、7Pで登った場合の1〜2P及び5〜6Pは繋いで1Pとすることが多く、今回もこれに倣って5Pで登ることにした。
 出だしのピッチは((1P+2P)/7P)いつものように私のリードでスタート(以降つるべ)。ホールドの多いスラブではあるものの、下からは全体の2/3ほどが見渡せるため(4P/7Pまで)、2度目なのに、そのスケールの大きさに気後れ気味。下部は、緩いしフットホールドも大きくせいぜいWくらいなのに、身体が重く少しも容易には感じなかった。

 中間部を過ぎた辺りから(1P/7Pの終了点手前)急になる。
そこから2P/7Pの終了点までは短いが(15mほど)、薄被り部分もあり、概ねピッチグレード通りの登りが続いて(5.7(X))気が抜けない。ただ、フリークライミングルートだけあって、人工壁と大差ない程ピンの間隔が短いので(ペツルのハンガーボルトのほかピトンやリングボルトがいたるところに打ってある)、長い割には怖さがなかった(このピッチ40mで15本のクイックドローを使用)。
 2P/7Pの終了点でピッチを切る。ほとんどレッジという感じの細いバンド上で、高度感がある。デイジーチェーンを忘れてきたことに動揺し、ビレー準備にもたついてしまった。
 2P/7PをフォローするMonchan  2P/7P終了点付近
 
 子持山獅子岩南東壁2013年4月
その1  その2 その3
 
その1 その2 その3 その4 その5 その6
城山南壁
南西カンテ
城山南壁
南西カンテ
二子山西岳
T峰中央稜
子持山
獅子岩
南東壁
西丹沢
大滝沢
マスキ嵐沢
 北岳
バットレス
第4尾根
 その7          
穂高滝谷
ドーム
中央稜 
         
山の手帳 > ちょっとバリエーション > ちょいバリ2013年

inserted by FC2 system