戸隠西岳P1尾根その12006.10/9(偵察)10(山行日)
P1尾根→西岳→八方睨
     

ルートイメージ(鏡池より)

林道ゲート(駐車スペースあり)
                                                                                
このルートは百名山で高妻山に登ったとき(1995年)「凄いところがある」という噂を聞きいつか歩いてみたいと思っていたもの。
→当時は西穂奥穂縦走で舞い上がっており一般ルートならどこでも行けると思っていた(若さ無知ゆえの錯覚)。
日帰りロングコースで鎖場は表妙義同等とのことなので一般ルートではあるが9mm45mロープ持参し実際に使用した。

ハイグレードハイキング(山と渓谷社)等では八方睨→P1尾根方向の縦走を紹介しているが(多分時間が短いから)、長い鎖場が下り方向になることから通常とは逆コースとした。 
雨あがりの急な泥岩壁・刈り払いで切られた笹の葉の積もった痩せ尾根は滑りやすく、快適とはいえなかった。
長時間にわたり気が抜けなかったためか、下山という段で蟻の戸渡り(八方睨の)に直面した時は疲労で恐怖感を覚え、ロープを出して巻道を下った。

西岳は潅木等がありあまり高度感がないが、滑りやすいところ・痩せたところも多く本当はかなり危険な印象、逆に八方睨周辺の鎖場は急だが要所はステップが切ってあるし、蟻の戸渡りも見た目ほどではないのかもしれない。
逆縦走の機会があったら八方睨の蟻の戸渡りは挑戦してみたい(もちろん確保して)。

林道から左の登山道へ入る
ゲートから20分

最初の渡渉点(ゲートから25分)
3回の渡渉がある

大平(牧草地)
西岳方面の展望が良い

望岳台より西岳方面
右から西岳,P1,P2,P3

西岳(左)本院岳(右)
望岳台より

樹林の登りから岩場に変わる

最初の鎖場

熊の遊び場直下
この上から鎖場が続く

熊の遊び場〜無念の峰の鎖場
ホールドは多いが凝灰角礫岩でもろい

無念の峰
濡れてすべりそうなので懸垂下降

「蟻の戸渡り」と「不帰の剣(20m鎖)」
「蟻の戸渡り」は見た目より幅広、「不帰の剣」は泥壁で濡れると滑りやすそう

P1弁慶岳頂上
白馬方面は雪が

西岳(左)と本院岳(右)
P1より

西岳
既にバテ気味

その2へ
 ちょっとバリエーション
 山の手帳  山の手帳別冊


inserted by FC2 system